フォト

my twitter

無料ブログはココログ

« インド映画の陽気さと筋の込み入り方について / 神は限りなく残酷 | トップページ | 思いがけない傑作『RUSH』に、‘あしたのジョー’を連想する »

2014.10.03

柳の下に二匹目のドジョウ!?『三四郎』百余年ぶり再連載もけっこうイケます

そうだ10月1日から漱石『三四郎』百何年ぶりだかの新聞再連載、例の『こころ』再連載成功の二番煎じ企画(!?)が始まっていたはず、と気づき、朝日新聞デジタル版朝刊(紙面スタイル)を急いで2日遡って第1回から読み始める。これがまた面白いのです。三四郎も少なくとも過去に1回は読んでいるのだが、書かれた当時と同じ新聞連載のリズムで読むというのは目新しくも楽しい経験。三四郎って、我が輩は猫であるとか坊っちゃんとかと同様の‘ユーモア小説’だったんだー。けっこう笑えます。

« インド映画の陽気さと筋の込み入り方について / 神は限りなく残酷 | トップページ | 思いがけない傑作『RUSH』に、‘あしたのジョー’を連想する »

本・文学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106729/60414265

この記事へのトラックバック一覧です: 柳の下に二匹目のドジョウ!?『三四郎』百余年ぶり再連載もけっこうイケます:

« インド映画の陽気さと筋の込み入り方について / 神は限りなく残酷 | トップページ | 思いがけない傑作『RUSH』に、‘あしたのジョー’を連想する »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

TODAY