フォト

my twitter

無料ブログはココログ

« マルコ・ベロッキオのムッソリーニに翻弄される | トップページ | 男子高校生のための「夏休み名画座企画」(ただし家庭内)をスタートする »

2014.07.25

ジャ・ジャンクーと「挫折の映画」あるいは「映画の挫折」

最近少しだけ寝付きが悪い。私にしては非常に珍しく。で、昨晩は枕元に三冊の文庫本……若桑みどり『イメージの歴史』、ハンナ・アーレント『人間の条件』、金井美恵子『愛の生活』……を持ち込んで交互につまみ読みしながら眠くなるのを待った。刺激的な三冊。そしてすぐに眠れた……><

TSUTAYA DISCAS今月の第6便ではジャ・ジャンクーの旧作2点が届いている。『青の稲妻』(2002)『世界』(2004)ジャ・ジャンクー作品、この旧作2作を見れば、少なくとも日本国内でみることの出来る彼の作品は、公開中の最新作を含めて全作踏破したことになる。何の作家であれ踏破した経験というのがほぼゼロの私としては、とても稀なケースです(……)(作品数がまだ少ないおかげかな)。ということで、まずは『青の稲妻』を鑑賞。ドキュメンタリーのようなドラマあるいはドラマのようなドキュメンタリー、みたいな独特の肌触りふたりの青年それぞれの恋愛、挫折、焦燥、不全感60年代の仏ヌーヴェルヴァーグ/米ニューシネマ、70年代の日本ATG映画、90年代の中国ジャ・ジャンクーが呼応しているような気がしてきた。「挫折の映画」(その裏に「映画の挫折」)と括ると、安易すぎる?

« マルコ・ベロッキオのムッソリーニに翻弄される | トップページ | 男子高校生のための「夏休み名画座企画」(ただし家庭内)をスタートする »

映画」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/106729/60322015

この記事へのトラックバック一覧です: ジャ・ジャンクーと「挫折の映画」あるいは「映画の挫折」:

« マルコ・ベロッキオのムッソリーニに翻弄される | トップページ | 男子高校生のための「夏休み名画座企画」(ただし家庭内)をスタートする »

2015年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

TODAY